「Ulfone Armor 11 5G」アウトドア好きにオススメしたいタフネススマホ。

「Ulfone Armor 11 5G」アウトドア好きにオススメしたいタフネススマホ。

こんにちは、はかりです。

最近、スマホを変えたのでご紹介。
機種名は「Ulfone armor11 5G」。

中国社製のタフネススマホになります。

Ulfone armor11 5Gのスペック


詳細はコチラをご参照ください。

選んだ理由は?

カメラが5つ搭載、RAMが8GBなど魅力的な機能が並ぶコチラのスマホですが、
選んだ理由は2つあります。

①頑丈

1つ目は頑丈であることです。

どうしても登山やキャンプに持ち歩くと、気付かないうちにどこかにぶつけたり、落としたりすることってありますよね?
画面が割れるくらいなら程度により許せますけど、水没して通話ができなくなったや、落ちた衝撃で電源が点かなくなったは困りますよね。

なので、私のスマホを選ぶ基準は頑丈が第一になります。

頑丈といっても曖昧なので、具体的には下記になります。
・防水、防塵
・耐衝撃、耐熱、耐寒

YouTubeで紹介動画があるのですが、火で炙ったり、階段から落としたり、車で轢いても画面が割れず、問題なく使用できるほど頑丈でした。

実際の使用でそのような経験はないですが、アスファルトに画面側を下にして落とした時がありましたが破損、故障はありませんでした。

②バッテリー

2つ目はバッテリー。容量が大きければ大きいほどいいです。
登山だと、山頂に近づいて寒くなってくるとバッテリー減ってくるんですよね。
地図アプリを開こうとした時や写真を撮ろうとした時、電源切れてるとうわぁ〜!ってなります。

紹介するARMOR 11 5Gは5,200mAh。appleのiPhone13(3,227mAh)と比べると1.6倍もあります。

実際、5,200mAhがどのくらいのモノなのかというと言い表しにくいですが、
秋冬の登山やウインタースポーツでも問題なく作動し、バッテリーもガンガン減るようなことはなかったです。

具体的に表してみると、、、
以前使っていたARMOR 6E(5,000mAh)は普段使い(電話、LINE、ネットニュース、自宅のwifi環境下でゲーム)でフル充電から3日持ちました。
また、2年使用した後でもフル充電から2日は持ちました
まぁ、2~3日充電忘れても問題ないレベルといったところです。

難点

タフネスさは非常に気に入っていますが、やはり難点もあります。
それが、重量。なんとiPhone13(173g)の1.7倍の295gあります。

片手で持って操作するのは、それほど苦ではないですが、ずっと持っていると疲れます。
ポケットに入れても重くてズボンが下に引っ張られるし、何より落として指に落とすとメッチャ痛い。

そんなところです。

最後に

重いという欠点はありますが、このスペックでこれだけ頑丈というのは魅力的!!
ぜひ、いかがでしょうか?