スタートから鎖場の連続!スリル満点の妙義山。

スタートから鎖場の連続!スリル満点の妙義山。

こんにちは、はかりです。

今回は関東エリアの「妙義山」へ行ってきました!

妙義山は日本三大奇景の一つとされる山で、中国の「武陵源」みたいな景色や面白い形した岩などが楽しめます。
また、日本200名山、上毛三山の一つとして群馬で有名な山です。

ちなみに中国の武陵源↓(行ったことは無いです…)

妙義山の情報

標高 1,103m(相馬岳)
最大標高差 387m
県立妙義公園駐車場(716m)〜相馬岳(1,103m)
コース長さ 2.0km
石門1~4と轟石を巡るコース(雨天のため山頂登山は中止)
歩行時間目安 4時間前後
見所 日本三大奇景、奇岩、鎖場、絶景
周辺施設 もみじの湯(10:00~20:00、季節により時間変更あり)、碓氷峠(めがね橋、旧熊ノ平駅)
鎖場では腕の力が必要になります、また雨天時は足場が滑りますので無理に登らないようにしましょう。

アクセス・駐車場

〜アクセス〜

上越自動車道の松井田妙義ICから上毛三山パノラマ街道を約10km(約20分)走ると着きます。

〜駐車場〜

・県立妙義公園駐車場
駐車台数:500台

石門巡り、中之岳神社へはこちらの駐車場が一番近いです。

・妙義山市営第二駐車場(道の駅みょうぎの向かい)
駐車台数:80台

妙義神社へはこちらの駐車場が近いです

落石による登山道崩落のため中間道を通って石門方面に行くことはできません。石門巡りをする際は「県立妙義公園駐車場」をオススメします。

参考:富岡市観光ホームページ

6時30分の到着でガラガラ。雨も降ってたのもあるかな


駐車場内に綺麗なトイレもあります

服装・装備

駐車場の気温は22℃。
雨で湿度は高めでしたが、登山にはちょうどよい気温でした。上は長袖のベースレイヤーとTシャツ、下はロングパンツで挑みました。

〜服装〜

帽子
長袖ベースレイヤー(化繊)
半袖Tシャツ(化繊)
ロングパンツ
レインウェア上下

〜装備〜

ザック:STOUT35(GREGORY)
ハイドレーション
救急セット

ヤマビルいるので塩持っていきましょう。襲われたらかけて清めてやりましょう。

コース

県立妙技公園駐車場〜大砲岩〜金洞山〜中之岳神社で4時間コースです。

ルート time(action) course time
県立妙技公園駐車場 6:45
石門群登山道入り口 6:55 10 min
カニのこてしらべ 6:56 1 min
第一石門 6:59 3 min
カニの横ばい 7:05 6 min
たてばり(第二石門) 7:08 3 min
つるべさがり 7:09 1 min
第三石門 7:37 28 min
石門広場(第四石門) 7:40 3 min
天狗のひようてい 8:03 23 min(休憩12min)
石門広場(第四石門) 8:43 21 min
金洞山(中腹) 9:16 33 min
見晴台 9:39 23 min
中之岳神社 10:08 29 min
轟岩 10:17 9 min
中之岳神社 10:41 24 min
total 236 min

妙義山ログ

県立妙義公園駐車場からスタート。
駐車場向かう途中、本降りの雨でダメかなと思いましたが、着いたら晴れましたw


▲左前に見える鳥居が中之岳神社です。
下山後に通ります。


▲登山口までは道路を10分ほど歩きます。


▲石門群登山口。ここからスタートですね。


▲登山口入ってすぐ鎖場「かにのこてしらべ」。雨で濡れて滑りよる。
ところどころに足場となる窪みがあるので、そこまで大変ではなさそうです。


▲最初の分岐。第一門コースに向かいます。


▲第一門デカっw(゚o゚*)w
大きすぎて、近くで見るとただの石壁にしか見えない(・_ ・)?


▲第一石門抜けると「カニの横ばい」。雨で濡れて見るからに滑りそう…


▲強スラブをトラバースして行きます。


▲トラバースした後はすぐに「たてばり」。鎖を使って登って行きます。
そしてここが、第二石門ですね


▲登ったら、今度は下り。ここが「つるべさがり」


▲狭い、急傾斜、滑る…怖い


▲鎖場以外の登山道は整備されて歩きやすいです。


▲続いて第三石門へ。


向かう途中もトラバース。足場あるけど、やはり滑りやすくなってる


第三石門。ちょっと小さめ


▲石門広場と第四石門。石門の間から見えるのが「大砲岩」


▲第四石門を下から見上げてみた、崩れたら…と思うと少し怖い


▲そして大砲岩は確かに大砲に似ていた。


▲大砲岩へGO!


▲柵と鎖場を抜けると…


▲大砲岩の手前に出ます!


▲反対側を向くと「胎内くぐり」。


▲その先は「天狗のひょうてい」。鎖を使って登ります!
登ることは簡単なんですが、周りが崖になっているので少し勇気がいります(゚_゚i)

そして、天狗のひょうていからの景色がまた凄いんですよ!


▲ごつごつした岩山


▲後ろには、金洞山!


▲前面は奇岩!


▲真ん中奥に見えるのが荒船山。山頂?が平らで面白い形してます


▲第一石門を上から


▲足場の端は絶壁。高さは20m以上ありそう。落ちたら助からなさそうね


▲この天狗のひょうていも足場濡れてるから怖い


▲降りるのって怖い。何が怖いって?最初の一歩目が見えないんだ


▲東岳に向かおうとしたけど道が見つからず石門広場へ


▲中之岳方面から登れるかな?


▲中之岳方面へは自己責任で行けそう。無理そうなら引き返す条件で、とりあえず向かって見る


▲道中は岩がゴロゴロ


▲さらに登っていくと大きな岩が増えてくる。


▲多分、今日一番長い鎖場。10mちょいくらい?


▲登った先で雨降ってきたので引き返すことに。ちょうど「金洞山」の標識のとこだったので、まぁいいかという感じ
降り始めたら、雨止んだ。この先は危険だから引き返せということなのかな?


▲次は見晴台へ


▲見晴台には小さな祠がありました。


▲見晴台からは雲海に浮かぶ岩山が見られました。岩山の隙間から流れる雲は迫力があります


▲見晴台を満喫したら、ゴールの中之岳神社へ


▲到着!


▲岩山の形状に合わせて神社が作られたのかな


▲神社を通り過ぎると「轟岩」の標識。予定にはなかったけど、行ってみる


▲また、鎖だ。


▲せまいー


▲このハシゴ登るの?


▲ハシゴの先もまだある…


▲あまりの高さに足が震える((((;≡д≡;i))))


▲足場周辺は崖


▲やっぱ降りるときが怖い

周辺施設


もみじの湯
価格も510円とリーズナブル!


食堂もありますよー
このボリュームで880円

あと、事前予約すれば「峠の釜飯」が食べられます

動植物


ツチガエル


オオシロカラカサタケかな?


カワラタケ?


コマつなぎ


ヤマジノホトトギス

あとがき

妙義山は遭難事故の多い山です。
くれぐれも登る際は気をつけてください。

雨の日はオススメしません!