まさかの麦山浮橋通行止め!急登続くムクロボ尾根から登る「三頭山」

まさかの麦山浮橋通行止め!急登続くムクロボ尾根から登る「三頭山」

こんにちは、はかりです。

2017年2回目の登山も奥多摩へ。今回の山は日本三百名山にも選ばれている三頭山です。
奥多摩は家から高速道路使わずに気軽に行けるのがいいですね!

三頭山の情報

標高 1,531m
最大標高差 987m
川野駐車場~三頭山中央峰(544~1,531m)
コース長さ 14.96km
歩行時間目安 8時間15分
見所 ドラム缶橋、三頭大滝
周辺施設 奥多摩温泉もえぎの湯(営業時間9:30~21:30 受付は20:30まで)
奥多摩湖の水位に注意!この日は水不足でドラム缶橋が渡れませんでした

アクセス・駐車場

〜アクセス〜

青梅ICから青梅線沿いを1時間ほど走ります

〜駐車場〜

渡ろうとしていた麦山浮橋が閉鎖され、奥多摩周遊道路も空いてなかったためこちらに駐車。
今回停めた湖沿いの駐車場には数台置けます。6時台は車はいませんでした

そして、川野駐車場近くにある登山口から入山です。梯子マークが入り口です

本来ならこちらに停めて麦山浮橋をわたるつもりでした

服装・装備

7月の気温は20℃と暖かく、ベースレイヤーとTシャツ着て行きましたが汗だくになります。
半袖一枚でよかったかも

〜服装〜

帽子
レインウェア
ベースレイヤー上
半袖Tシャツ(化繊)
長パンツ

〜装備〜

ザック:STOUT35(GREGORY)
ハイドレーション
ガスストーブ、コップ

コースタイム

ドラム缶橋が使えないため、後半は道路沿いを歩きます。時間は8時間(そんなに歩く予定はなかった…)

ルート 時間 コースタイム
登山口 6:52
丸山山頂 7:18 28 min
ツネの泣坂 8:24 66 min
三頭山 10:15 111 min
三頭大滝 11:38 83 min
森林館 12:05 27 min
山のふるさと村 14:05 120 min
駐車場 15:05 60 min
total 495 min

三頭山ログ

蜂谷橋無料駐車場
▲麦山浮橋が封鎖されているとも知らずに、駐車した蜂谷橋無料駐車場

奥多摩湖
▲奥多摩湖!

蜂谷橋
▲赤色の蜂谷橋。橋の骨組みがかっこいい!

深山橋
▲そして、麦山浮橋閉鎖のため深山橋へ迂回

深山橋
▲深山橋は銀色の綺麗なアーチ状

標識
▲さぁ、登るで

標識2
▲まずは、ムロクボ尾根へ

標識3
▲丸山山頂?

標識4
▲標識朽ちてて読めないw

行程1
▲道の勾配が結構キツいです

きのこ1
▲整った形のきのこ

標識5
▲標識奥に見える地獄のような勾配

ツネの泣坂
▲ツネの泣坂?

ザトウムシ
▲何回か体に登って来た、ザトウムシ

花1
▲なんの花かな?

ギンレイソウ
▲ギンレイソウ。花も茎も全部真っ白

カエル
▲こんなところにカエルいるんだ!?

山頂
▲山頂到着。そういえばここまで人に合わなかった気がする。あまり選ばないコースなのかな

景色
▲木々が生い茂ってて、山頂から周辺の景色は見えにくいかな

標識6
▲元来た道を戻らず、滝を見に進みます

橋
▲橋の先には!?

滝
▲三頭大滝!水の量少ないのは気のせい?

森林館
▲さらに進んで森林館へ。ここで一休み

標識7
▲さらに、さらに進んで山のふるさと村へ

沢
▲沢歩きは涼しくていいね

きのこ2
▲これはなんだ?きのこか?

きのこ3
▲カメムシの死骸から何か生えてる。冬虫夏草?

奥多摩沿い
▲奥多摩湖沿いの道路を歩いて駐車場へ
いやー疲れた

あとがき

浮橋渡れなかったのは残念だけど、生き物とかキノコとか普段見ないような自然が見られたことがよかった。
橋かかってる時にまた来よう!