迫力の爆裂火口!桜平駐車場から登る八ヶ岳連峰「硫黄岳」。

迫力の爆裂火口!桜平駐車場から登る八ヶ岳連峰「硫黄岳」。

こんにちは、はかりです。

ちょっと前から気になっていた山へ行ってきました。

場所は八ヶ岳連峰の「硫黄岳」です。

何が気になっていたかというと「爆裂火口」という地形。
調べてみると、火山活動で山の一部が吹っ飛んだ状態らしいです。

スケールが大きすぎて想像つかないですよね?

ということで、硫黄岳の爆裂火口へ行ってきました!

硫黄岳の情報

標高 2,760m
最大標高差 919m
桜平駐車場(中)〜硫黄岳山頂(1,841~2,760m)
コース長さ 往復11.1km(桜平駐車場(中)〜硫黄岳山頂)
歩行時間目安 行き:3時間13分
帰り:3時間26分
見所 爆裂火口、硫黄岳山頂から見える赤岳、夏沢鉱泉、オーレン小屋
周辺施設

アクセス・駐車場

〜アクセス〜

中央自動車道「諏訪南IC」から17km。桜平分岐から桜平駐車場までは未舗装路を走ります。
轍が深いので、車高の低い車は注意して走行してください。

〜駐車場〜

駐車場は桜平駐車場。上-中-下とあり、上が登山口に一番近いです。

7時過ぎに桜平駐車場(中)に到着しましたが、すでに満車。
仕方なく、来た道を戻り路肩に停めさせていただきました。

服装・装備

1日を通してソフトシェルを羽織って快適に歩けました。気温はオーレン小屋で11℃を確認。山頂付近は開けているところが多く、風が吹くと寒いのでダウンかフリースがあると良いです。
服装は上はベースレイヤー、Tシャツ、ソフトシェル。下はロングパンツのみ。

コースタイム

コースタイムは実測で6時間39分です。ここ最近で一番歩きました。

ルート 時間 コースタイム
桜平駐車場(中) 7:35
桜平 7:46 11 min
夏沢鉱泉 8:14 28 min
オーレン小屋 9:16 62 min
夏沢峠 9:48 32 min
硫黄岳 10:48 60 min
赤岩の頭と峰の松目分岐 12:26 98 min
オーレン小屋 12:36 70 min
桜平駐車場(中) 14:14 98 min
total 339 min

登山ログ

駐車場


▲7:26。桜平駐車場(中)より手前の路肩からスタートです。

▲歩いて10分ほどで桜平駐車場(中)に到着。続々と車が来ては引き返していく。路肩に駐車している車が見えたら、潔く引き返して空いている場所に止めた方が良さそうです。

登山口


▲そこからさらに10分あるくと登山口に到着します。

▲登山口には看板があるので、コースを確認してから向かいましょう。

▲登山においても、コロナ対策はしっかりとね。

▲登山口からは沢沿いの舗装路を歩いて行きます。

▲ちょっと坂が急なので、ゆっくり登りましょう。

▲8:14。夏沢鉱泉到着。

▲中に入る際はマスク着用です。購入もできますが、持っていくようにしましょう。

▲夏沢鉱泉周辺には紅葉も見られます。

▲朝方の八ヶ岳は空気も景色も良くて癒されます。

▲夏沢鉱泉からは歩きやすい樹林帯を進みます。

▲歩いているだけで癒されるー

▲天気もいいし、清々しい。

▲9:16。景色を堪能しながら歩けば、あっという間にオーレン小屋。

▲標識の後ろにキレイに積まれた薪があったので…

▲撮影!壁紙に使えるかな?

▲オーレン小屋は水場やトイレも完備。

▲オーレン小屋で少し休憩したら、夏沢峠へ向かいます。

▲登山道は石がゴロゴロしてきました。

▲まだ、樹林帯。

▲なんと、自転車が!?乗ったり降りたりして岩の道をガラガラ進んでいました。

▲9:48。夏沢峠到着。

▲次の目的地は硫黄岳山頂。

▲山彦荘の脇を抜けて進みます。

▲夏沢峠からは岩の道です。

▲振り返ると「天狗岳」が見えます。

▲あちらは「峰の松目」

▲さらに進んでいくと岩だらけの道。足場が不安定だから嫌い…

▲岩場に足を取られながらも、踏ん張って進みます。もう少しかなー?

▲もう少しかなー?から意外と長い。

▲何度も振り返りたくなる景色。

▲もう少しで山頂というところで、爆裂火口らしき景色が見えてきました。いきなり視界いっぱいに崖が出てくると恐怖を感じます。

▲標識見るたびに「まだかなー?」と呟く。でも、この標識が見えたら山頂はすぐです!

▲10:48。硫黄岳山頂!山頂はかなり開けていて、360度山容が望めます。

▲いざ、爆裂火口へ。

▲爆裂火口周辺の道を進みます。

▲ヒエッ(゚д゚;ノ)ノ

▲爆裂火口周辺の道は狭く、すれ違うのが精一杯。

▲道の先は通行止めになっていました。道は続いていそうですが、柵で進めないので引き返します。ここからは爆裂火口は望めないので、見どころは中間までかな。

▲道の中間あたり。山が抉られているのがわかります。

▲爆裂火口(手前)。天狗岳(奥の二つ)。根石岳(天狗岳の手前)。

▲再び硫黄岳の山頂に戻ってお昼ご飯。お昼の時間を使ってGoProでタイムラプス撮ってます。

▲赤岳を見ながらのお昼。贅沢の極みですな。

▲赤岳とお昼を堪能した後は下山します。帰りは「赤岩の頭」方面へ下山。

▲結構、ガレキ多め。岩肌の白いところが次の分岐である赤岩の頭。

▲左側に峰の松目。右側のぽっかり空いたところがオーレン小屋です。

▲森の中にぽつんとオーレン小屋。

▲景色に見惚れて歩いてたら、あっという間に白砂の大地へ。

▲赤岩の頭からはオーレン小屋へ進みます。

▲赤岩の頭からオーレン小屋方面へは樹林帯を進みます。

▲木々の隙間を縫うように下山。紅葉は終わりかな?

▲ここまでくると後少し。

▲「赤岩の頭と峰の松目分岐」。長い分岐名ですね。

▲分岐から10分でオーレン小屋へ到着。テン場の横を通り抜けていきます。

▲オーレン小屋でお土産購入。

▲気温は11℃。今回は汗もかかない快適登山だったので、トイレが近くて大変でした。

▲12:36。夏沢鉱泉へ

▲13:47。夏沢鉱泉到着。時間的にも余裕でいい感じです。

▲桜平登山口到着!帰りは下り坂をさーっと駆け降りてきました。

▲14:14。桜平駐車場(中)。ちらほら空いてますね。

▲マイカー到着!

あとがき

爆裂火口が思ったより大きくて、凄いというか怖かったです((( ゚д゚;)))
2016年の赤岳登山以来、4年ぶりに八ヶ岳きましたがいいところですね。

山頂から全方位見渡せるからか、「あの山なんだろ」とか、「あの道歩いてみたい」とか登山意欲の湧く山です。