テント泊に初挑戦!「涸沢カール」の岩場で1泊2日。

テント泊に初挑戦!「涸沢カール」の岩場で1泊2日。

こんにちは、はかりです。

登山10回目にして初のテント泊です!場所は一度行ってみたかった上高地-涸沢!
テント初心者には難易度が高い場所ですが、思い切って行ってきました。

あくまで、涸沢カールのモルゲンロートを見るのが目的なので奥穂高岳は登りませんでした

涸沢の情報

標高 2,309m
最大標高差 805m
上高地バスターミナル~涸沢ヒュッテ(1,504~2,309m)
コース長さ 30.3km(片道15.3km)
歩行時間目安 行き:8時間20分
帰り:7時間20分
見所 梓川沿いの景観、雪原、涸沢カール、涸沢ヒュッテ
周辺施設 さわんど温泉(営業時間10:00~19:30)
テント装備は15~20kgと重いので、体力に自身の無い方は涸沢ヒュッテに泊まることをオススメします。また、テント場は岩場なので、ペグが使えません。ロープでの固定方法を学んでおきましょう。

アクセス・駐車場

〜アクセス〜

上高地へは自然保護のため通年でマイカーが規制されています。ですので沢渡(さわんど)駐車場平湯駐車場に車を停めてバスで上高地を目指します。沢渡駐車場までは長野自動車道 松本ICから国道158を1時間ほど走ります。

〜駐車場〜

今回は市営第2駐車場(足湯公園)に車を停めました。バス停にもっとも近い駐車場は第3駐車場(かすみ沢)です。本当はこちらに停めたかったのですが、早朝の暗さとバス乗り場を把握してなかったため、行き着いたのは第2(ノ_-。)

第2駐車場へは5時前の到着でしたが車は既に30台ほど。まぁ、沢渡駐車場全体で2000台停められるので、到着して「満車!?」ってことはないと思います。この時間だと第3駐車場も全然空いてました。

〜バス情報〜

沢渡バスターミナルからのバス時刻表はこちら

服装・装備

7月の気温は20℃くらい。歩くにはちょうどいい気温です。
日差しも届くので長袖のベースレイヤーとTシャツで十分!

〜服装〜

帽子
レインウェア
グローブ
長袖ベースレイヤー上
フリース
半袖Tシャツ(化繊)
長パンツ×2

〜装備〜

ザック:BALTORO 65(GREGORY)
テント:nemo TANI 2P+(グラウンドシート)
シュラフ:ダウンハガー800 #3
ハイドレーション:コンフォートシステム アルパインパッド25 150
ガスストーブ、コップ
ゲイター
トレッキングポール
サンダル
※2人で行ったのでテント係と食料係に分けました。装備リストはテント係

コースタイム

1日目

上高地バスターミナル→涸沢ヒュッテでおよそ8時間

ルート 時間 コースタイム
沢渡市営第2駐車場 4:45
沢渡バスターミナル 5:00 15 min
上高地バスターミナル 5:40 40 min
河童橋 6:08 28 min
明神 6:52 44 min
徳沢 7:51 59 min
横尾 9:02 71 min
本谷橋 10:35 93 min
涸沢ヒュッテ 14:00 175 min
total 525 min

2日目

帰りは7時間ほど

ルート 時間 コースタイム
涸沢ヒュッテ 5:00
横尾 8:50 230 min
 徳沢 9:50 60 min
明神 11:10 80 min
上高地バスターミナル 12:20 70 min
沢渡第2駐車場 13:00 40 min
total 480 min

涸沢ログ

駐車場
▲沢渡第2駐車場に車を停めて、さぁ出発

道中1
▲バスターミナルまで少し道路歩きます。

湯の里公園
▲ここのトイレは綺麗でしたw

沢渡バスターミナル
▲沢渡バスターミナル。結構広いし、建物綺麗!

乗車券
▲往復切符を購入。2050円なり

バス
▲このバスに乗って行きます。道中は3箇所ぐらい停車します。

上高地バスターミナル
▲上高地バスターミナル到着。登山届けを提出して涸沢に向かいます。

標識1
▲まずは河童橋へ

道中2
▲道は舗装されてて歩きやすいです。

梓川
▲少し歩くとすぐに河童橋が見えてきます。梓川は澄んでて綺麗だけど、流れが早くて少し怖かった((´д`))

猿
▲河童橋周辺で野生の猿いた!あまり刺激しないように通過

標識2
▲続いて明神へ向かいます

道中3
▲天気も良くて、木漏れ日が気持ちいい!

明神
▲河童橋から40分くらい歩くと明神に着きます。神河内?調べてみると「神の庭」という意味らしい。明神は神域らしくこの名が許されていたとか

標識3
▲続いて徳沢・横尾方面へ

標識4
▲明神から1時間歩いて徳沢へ

徳沢ロッヂ
▲進むと右手には徳沢ロッヂ

テント
▲さらに進むとテント場が!

徳沢園
▲さらに奥に進むと徳沢園!人がたくさん!

徳沢園
▲徳沢園は建物がおしゃれで居心地もいいです

てるてる坊主
▲雨降らなきゃいいんだけど

バンダナ
▲お店の中を物色してバンダナ購入

標識5
▲次は横尾!

アザミ
▲綺麗なアザミ発見!

新村橋
▲横尾に行く途中にある分岐。この新村橋を渡っていくパノラマコースでも涸沢に行けるそうですが、どうやら道のりは険しいらしいです…。通常ルートは横尾経由ですね

キノコ
▲道中みかけたキノコ。そろそろキノコ図鑑でも買おうかな

花
▲センジュガンピという花らしいです

山頂が怪しい
▲山の上の方がガスってる。山頂は大丈夫か!?

横尾
▲横尾に到着。ここまでの道のりは険しくないのでハイキング気分で来れます。

横尾大橋
▲さぁ、横尾大橋から険しい登山が始まります。

ゲイター装着!
▲先日の雨で泥濘がありそうなので、ここでゲイター装着。

険しい道のり1
▲ゴツゴツしたルートになってきました

本谷橋
▲次の休憩地点なる「本谷橋」。水飲んだり、顔洗ったりしてリフレッシュ

標識6
▲涸沢まで本谷橋からあと2.4km。

険しい道のり2
▲道のりはさらに険しく… 段差が大きいので腿が疲れる

険しい道のり3
▲崩れそうな岩石群を抜けて…

険しい道のり4
▲氷に近い雪の上を抜けて…。アイゼンもってくりゃよかったー(-ェ-`lll)

涸沢ヒュッテ
▲涸沢ヒュッテに到着!

温度計
▲気温は18℃。ただ、雨降ってきたので寒い((,,´Θ`,,))

テラス
▲綺麗なテラスがありましたが、本降りの雨のせいか誰もいませんでしたw

涸沢カール
▲涸沢カールの全容が見えず。下から見たガスはそのまま残ってたようです(´・ω・`)

テント場へ
▲雨がひどくなる前にテント場へ

テント場
▲この時期でもテント場に雪が残ってました。雪上は勘弁なので早めに場所を探します。

国設涸沢野営場
▲ここでテント野営の受付して、コンパネをレンタルします。大人1泊:1000円 コンパネ1枚:500円

テント設営
▲平らな場所が無かったので、岩をある程度整地してコンパネ敷いてテント設営。テントはnemoのTANI 2P。軽いし、設営方法が簡単でよかったですペグは打てないので、岩にコードを縛ってテントを固定

テント内
▲テントの中はこんな感じ(2人)。ごちゃごちゃですねw。下地の面積が「nemo TANI 2P」 > 「コンパネ2枚」なので足首から先はコンパネの外に出てしまいましたが、ザックを敷けば問題ないですよー

おでん
▲テント設営後は涸沢ヒュッテでおでん!じゃがいもホクホクで旨かった(´μ`)。ちょうど最後の一個だったらしく、食べれて幸せでしたw

夕飯
▲夕飯はパスタとウインナー

涸沢カール
▲2日目は5時起き。昨日よりは見晴らしいいかな。モルゲンロートはまた今度だね

朝食
▲簡単な朝食を済ませて、下山します

雪原
▲帰りは雪凍ってて怖かった。

下山
▲帰りはまた違う景色に驚かされます。見渡せるからスケール感が半端ない!

花
▲朝露に濡れた花や、

苔
▲木に生えた苔が鮮やか

横尾大橋(再)
▲横尾大橋!ここまで来ると少しほっとするε-(´∀`*)

徳沢園(再)
▲徳沢園でまったり

てるてる坊主(再)
▲途中から晴れたのはこの子のおかげかな

飲むヨーグルト
▲河童橋でヨーグルト。帰りは登山というより食べ歩きw

上高地バスターミナル(再)
▲ここで靴の泥を落として、今回の登山終了!

あとがき

おそらく10kg以上のザック背負ったのは初めて。肩は食い込んで痛いし、重みに耐えかねて股関節は炎症を起こしました。最初は股関節の炎症の理由が分からなくて、途中で歩けなくなったらどうしようと思いながら登ってしまいましたが、やはり最悪のケースを想定して引き返すという選択肢も考えるべきでした。
幸い炎症は数日で引いたので良かったですが、無理は禁物ですね。
涸沢はパワーアップしてまた挑戦じゃい!
でも、どうやってパワーアップしたらいいんだろ?スクワットかな?山岳講習とか受けてみようかな?